親の認知症対策としての成年後見の手続き 相続や認知症対策についてYOUTUBE動画 相続・遺言・成年後見はこちらからどうぞ 相続遺言サポートオフィス ゆずりは 一般社団法人 日本想続サポートセンター 穂の花 ミドル&シニア世代向け情報サイト
お問い合わせはこちらから

権利の窓

2021年01月13日 2020年 新規上場社数

 

2018年は、90社、2019年は、86社が上場いたしました。

そして2020年は、93社が上場されました。

その顔触れを見ても、「この会社上場してなかったの?」といった

有名企業もたくさんあり、独創的な家電商品で有名なバルミューダ

株式会社は今年マザーズに新規上場されました。

 

そして最近注目されてる市場としては「TOKYO PRO 

Market(東京プロマーケット)」があります。

このTOKYO PRO Marketはここ最近存在感をじんわ

りと高めており、2020年は10社が上場されました。

中には、LINEの代表を務められてらっしゃった、森川氏が創業

されたC Channel株式会社もあります。

 

このTOKYO PRO Marketは、機関投資家・上場企業等

をはじめとするプロ投資家を対象とした市場になります。

大きな特徴としては、J-Adviserと呼ばれるアドバイザー制

度を設けており、アドバイザーからの指導等を受けながら上場会社と

しての責務を全うすることになります。

 

注目されてきているのは、審査基準がマザーズなどの市場と比べると

それほど厳しくはないものの、上場企業でありますので、人も採用が

し易くなったとのお声を頂いたことがございます。そしてオーナー様

の何よりのメリットとしては、経営者保証が外れるといったことでしょうか。

今後、注目度がどんどん高まれば、まず、TOKYO PRO Market

に上場してから、マザーズへステップアップするなどの新しい新興市場への

上場に向けたルートができてくるかもしれませんね。