親の認知症対策としての成年後見の手続き 相続や認知症対策についてYOUTUBE動画 相続・遺言・成年後見はこちらからどうぞ 相続遺言サポートオフィス ゆずりは 一般社団法人 日本想続サポートセンター 穂の花 ミドル&シニア世代向け情報サイト
お問い合わせはこちらから

権利の窓

2021年04月22日 事業承継について

 

東京商工リサーチの記事を読んで、事業承継について少しだけ

お話ししたいと思います。

 

少し古くなった情報ですが、中小企業庁が2016年度に中小

企業の現状について調査したものによれば、70歳未満の経営

者が約136万人なのに対し、70歳以上の経営者は約245

万人と2倍近く、高齢化が進んでいることが分かっており、

そのうち、実に半数以上の127万人が「後継者が決まってい

ない」と回答されているそうです。

 

そして、「後継者難」を原因とする倒産が2020年1-9

月においては278件(前年比54.4%増)と、急増した

そうです。

このうち、業歴が30年以上になる企業が135件と約半数

占めており、内訳をみてみますと、代表者の死亡が119

件、体調不良が96件と続いており高齢化と健康不安が経営

上のリスクとなっているという記事でありました。

 

弊所でお手伝いした会社様でも役員様がおひとりの、株式を

100%保有するオーナー兼代表取締役がご病気でお亡くな

りになり、急遽相続人株主を取締役に選任し、後任者として

経営にあたっていただいたことがございました。

ただ、オーナーの生前、後継者としての教育を受けた方では

なく、会社の経営の承継については今後の大きな課題として

残りました。

 

この事例では、相続人間の関係が良好でありましたので、

大変スムーズに移行できましたが、会社の問題と相続の

問題が同時に起こったとなりましたら目も当てられません。

 

昨今は、経営者の方は大変に元気な方が多数いらっしゃい

ます。80代さらには90代でもお元気に会社に出られて

いらっしゃる方も確かにいらっしゃいます。

ただ、万が一ということを考えますと、事業承継といって

もいろいろとタイプがございますので、少しだけ事業承継

についてもお考えいただいても良いのかもしれません。