親の認知症対策としての成年後見の手続き 相続や認知症対策についてYOUTUBE動画 相続・遺言・成年後見はこちらからどうぞ 相続遺言サポートオフィス ゆずりは 一般社団法人 日本想続サポートセンター 穂の花 ミドル&シニア世代向け情報サイト
お問い合わせはこちらから

権利の窓

2021年06月03日 前代未聞の役員交代劇

 

この間、ある創薬ベンチャーにおいて、現任の取締役が退任し、

株主提案により選ばれた取締役にそっくり経営陣が交代すると

いう記事を読みました。

このような経営陣の交代劇に至った経緯としては業績の思わ

しくない中、本来であれば、これに対する適切な株主に向け

た対話があってしかるべきところそれがなされておらず、

これを不満に思った大株主より株主提案に向けた活動が始ま

り、今回の交代劇につながったようです。

交代後の株主総会においては、大株主は今度は取締役と立場

を変え新経営陣として出席株主との活発な対話がなされ、

予定時間を大幅に過ぎて株主総会は閉会を迎えたそうです。

なお、株主提案に向けてブログやSNSを活用して同じく不満

に思う他の株主の賛同を得る等周到な準備もなされていた

そうです。

株主との対話について会社としてどのような対応をしてい

くのか、他のステークホルダーとの関係も見ながら、深く

考えさせられる前代未聞の出来事であったのではないで

しょうか。

これから、3月末を決算期とする会社様が5月又は6月に

定時株主総会を迎えられることと思います。

そのような会社の中には役員様の改選期を迎えられて

る会社もあるかと思います。

総会の準備に際しましては、会社の登記簿と定款を手

に取られて役員様の任期を確認してみてください。

今年改選期を迎えられているかもしれません。

特に役員様の任期を2年以上に設定されている会社は

役員様の改選期の確認をうっかり忘れてしまいがちです

のでお気を付けください。

また、お問い合わせ頂ければ、改選期を迎えられている

か無料でご相談に応じておりますので、

お気軽にご連絡ください。